開始1カ月を経過したら2回食へ。舌でつぶして食べる練習を始めましょう

  • facebook
  • twitter

赤ちゃんの身体・健康

O4_123605427_XS.jpg

初めての離乳食、順調に進んでいますか?
5カ月からスタートした赤ちゃんなら、1カ月が経過した6カ月頃から2回食に進みましょう
米がゆ、野菜、豆腐の3つの食事に慣れてきて、バランスよく食べられるようになったところで、1日2回食のリズムをつくっていきます。

◎始める時期によって個人差があるのが普通です

離乳食を5カ月から始める赤ちゃんもいれば、6カ月から始める赤ちゃんもいます。
よその子と比べるのではなく、赤ちゃん自身のペースやタイミングで始めればよいので、あまり焦らないで。
6カ月から離乳食をスタートした赤ちゃんの場合は、約1カ月たった7カ月で2回食に進むことになります。
つまり、同じ6カ月の赤ちゃんでも、1回食だったり2回食だったりと個人差があるのが普通です。
すっかり離乳食に慣れた赤ちゃんがいる一方で、これからおかゆにチャレンジする赤ちゃんもいます。
どちらが早い、遅いではなく、どちらも正解なのです。
離乳食の進み具合は、早い子と遅い子では約半年違うのですが、それだけ幅があるのも普通のこと。
赤ちゃんの食べる様子をよく見て、その子なりのペースを最優先してあげてくださいね。

◎2回目の食事は、1回目の半分以下でOK

1日2回食に進んだら、今までの離乳食タイムに加えてもう1回の授乳時間か、あるいはママが決めた時間を離乳食タイムとします。
でも、回数が2回に増えたからといって、いきなり量も2倍にする必要はありません
2回目は1回目の半量、もしくはそれ以下でも大丈夫です。
2回食に慣れてきたら、少しずつ量を増やしていくとよいでしょう。

離乳食の量については、どれくらいがよいのか初めてのママにとってはわかりにくいかもしれません。
スタートしたばかりの頃はいきなりたくさんあげないように気をつけて進めますが、それ以降は赤ちゃんが食べたいだけあげて構いません。
赤ちゃんの食欲に合わせて与えてよいのですが、ただし、タンパク質源の食品だけは例外です。
タンパク質のとりすぎは赤ちゃんの未熟な胃や腸に負担をかけてしまうので、食べたいだけあげるのはちょっと待って
タンパク質については、慣れてきてからも、目安の量は守るようにしてください。

〈2回食になってからのかたさや大きさの目安〉

・エネルギー源食品
米がゆ(7倍がゆ、または10倍がゆ)/すりつぶしてなめらかなマヨネーズ状にする
うどん/やわらかく茹でて刻み、裏ごしして、お湯か出汁でトロトロにゆるめる

・ビタミン、ミネラル源食品
野菜や果物/やわらかく茹でて裏ごしし、ポテッとした感じにしてとろみをつける
(かぼちゃ、トマト、人参、玉ねぎ、青菜、白菜、ブロッコリー、ほうれん草、りんご、みかん、いちご、バナナなど)

・タンパク質源食品
白身魚/茹でて、かたまりのないようすりつぶし、飲み込みやすいようにとろみをつける
(真鯛、豆腐、きな粉、豆乳、しらす干し、育児用ミルクなど)

◎慣れてきたら、少しずつ水分を減らしてベタベタ状に

飲み込むのが上手になるにつれて水分を減らしていき、マヨネーズのようななめらかでベタベタ状のものにしていきましょう。
とろみのない食材の場合は、おかゆの上澄みを加えたり、水どき片栗粉などでとろみをつけると食べやすくなります。

ベタベタ状の離乳食を上手に飲み込めるようになったら、絹ごし豆腐を薄くそいで食べさせてみましょう。
スプーンに乗せて下唇におくと、上唇で口の中に取り込み舌でつぶして食べようとしますが、これが食べる機能の発達を促します。

この時期になったら、赤ちゃんが飲み込みやすいように、少し後ろに傾ける姿勢でひざの上に抱っこするとよいでしょう
こうすると、赤ちゃんが口を開けたとき舌が床と水平になるような首の角度になり、ゴックンと飲み込みやすくなります。