生後5〜6カ月から離乳食スタート。最初は上手にゴックンできるのを目標に

  • facebook
  • twitter

赤ちゃんの身体・健康

O3_175131173_XS.jpg

赤ちゃんが5〜6カ月になる頃から、離乳食をスタートしましょう。
最初は1日1回食から、1カ月たったら2回食へ進みます。

◎いつから始める?離乳食スタートのタイミング

5カ月を迎える頃から離乳食をスタートできますが、まずは次の項目をチェックしてみてください。

①生後5〜6カ月を迎えた
②首がしっかりすわっている
③支えると座ることができる
④体調、機嫌がよい
⑤ママやパパが食べているのを見ると、身を乗り出したり、口を動かして食べたそうにする
⑥スプーンを口に入れても嫌がらず、舌で押し出すことも少なくなる

以上のチェックリストを全てクリアしたら、離乳食の受け入れ準備はOKです
遅くとも6カ月中には、離乳食をスタートしましょう。

◎最初の1カ月間は1日1回食が基本

最初は、アレルギーの心配が少なく、消化吸収のよい米がゆがおすすめです。
そのまま飲み込めるように、よくすりつぶしましょう。
おかゆを見せて「おいしいね~」と話しかけ、安心させて食べさせてあげてください。

米がゆに慣れてきたら、野菜を足します。
アクが少なくトロトロにできれば、お好みでOKです。
野菜にも慣れたら、次はタンパク質の食品にもトライ。
最初は、アレルギーを起こしにくく、脂肪が少なめで消化吸収のよい豆腐がおすすめです。

新しい食品を与えるときは、1さじから始めて様子を見ます
米がゆ、野菜、豆腐で十分ですが、この3つに慣れて食が進む赤ちゃんなら、白身魚も試してみるといいですね。
ゴックンが上手にできるようになれば、この後もスムーズに進むはず。
味付けはせずに、食材の味だけで与てください。
深夜や早朝を避け、決めた時間(授乳時間のうちの1回、もしくはママが決めた時間)を守り、生活リズムを整えていきましょう

◎上手な食べさせ方のコツ

赤ちゃんの舌は前後に動くだけなので、最初はトロトロの離乳食を口に取り込んで、舌でのどの奥に送り込み飲み込むのだけで精一杯です。
少しでもかたまりがあると、うまく飲み込めずに吐き出してしまうことも。
まずは米がゆ1さじから始めて、様子を見ながら2さじ、3さじと1日おきぐらいの間隔で増やしていくとよいでしょう。

離乳食を始めたばかりの赤ちゃんには、かたまりやざらつきのない、なめらかなトロトロ状のものを与えます。
たとえば、プレーンヨーグルトのように、なめらかでポッテリとした形状のものだと飲み込みやすいですね。
もし食べにくそうにしていたら、水分を加えてさらにゆるめてあげるとよいでしょう。

食べさせるときのポイントをまとめてみましたので、参考にしてみてください。

●最初の頃は、ママが横抱きにして食べさせると赤ちゃんも安心
●ベーッと出したら、スプーンで受け何度でも口にすくい入れましょう。
よだれと混じって、だんだん飲み込みやすくなります。
●食べるのを嫌がり吐き出すようなら、離乳食のざらつきを確かめてみて。
とろみをつけてのどごしをよくしてあげると、食べてくれるようになります。
●ママがリラックスしていると赤ちゃんも安心するので、落ち着いた雰囲気づくりを心がけましょう。

また、スプーンで与えるときのコツも知っておくと、スムーズです。

まず、スプーンで下唇に軽くトントンと触れ、「ご飯ですよー」のサインを送ります。
赤ちゃんが口を開けたら、スプーンを水平に下唇におきましょう。
上唇がおりてきて、離乳食を取り込もうとする動作が見られたら、スプーンをゆっくりと引き抜きます。
口の端からこぼれても、諦めずに何度でもスプーンで口にすくい入れてあげましょう。
避けてほしいのは、スプーンを上唇にこすりつけたり、離乳食を口に流し入れること
赤ちゃんが自分で離乳食を取り込む練習にならないので、気をつけてくださいね。