授乳ブラはいつ買う?おすすめの人気ブラジャーと、その種類を学ぼう。

  • facebook
  • twitter

マタニティーインナー(下着)

pixta_30873765_M.jpg

赤ちゃんが生まれて授乳がはじまったときに、使うべきか迷ってしまう「授乳ブラ」。いつから付けるべきなのか、本当に必要なのかなど、

わからないことも多いですよね。ここでは、授乳ブラの必要性や購入するタイミング、授乳ブラの種類や選び方のポイントなどについてご紹介します。

 

授乳ブラの必要性と買うタイミングとは?

授乳ブラには、ブラを外すことなく授乳ができ、パッドの取り外しなど、スムーズに授乳が行えるママにやさしいデザインが特徴です。

「授乳ブラは授乳のときだけ使うもの」と思いがちですが、素材や設計など、赤ちゃんのために日々変化するママのバストにも、とてもやさしいつくりとなっています。

最近の授乳ブラは、授乳のしやすさに加え、肌へのやさしさやデザイン性も豊富なものが増えてきています。

サイズアップして大きくなったバストを支えつつ、ママのボディに負担も少ないため、

たとえ授乳の期間が短かったとしても長く使うことができます。授乳ブラを買うタイミングとしては、

妊娠してバストのハリやサイズ感が気になりはじめる妊娠5~6ヶ月ごろがおすすめです。

妊娠前に使用していたブラは、デザインによってはバストを圧迫してしまう場合があります。

出産前から産後授乳が終わった後まで使えますから、出産準備をはじめる前から購入しておくのもよいでしょう。

 pixta_27377729_M.jpg

授乳ブラの種類を紹介

授乳ブラの種類には、以下のようにさまざまなものがあります。

 ・ワイヤーあり:

バストサイズの上下に対応できる、専用のワイヤーを使用した授乳ブラです。バストが大きめの人や、しっかりとホールドしたい人におすすめです。

 ・ノンワイヤー:

締め付けがなく、着け心地のよいノンワイヤーは、普段使いに1つ以上は持っておきたいもの。立体的なデザインで、ホールド感や補正機能がアップしたものもあります。

 ・オープンストラップ:

授乳時に、ストラップからカップ部分が簡単に外せるタイプの授乳ブラです。ドレッシーなデザインが多く、おしゃれ着やお出かけのときにも使えます。

 ・ウィンドウオープン:

ストラップとカップ部分はそのままにブラトップをめくると授乳できるようになっているのがウィンドウオープンタイプです。

授乳時もバストがホールドできるので、バストが大きめの人にも向いています。

 この他、少しずらすだけで授乳できるクロスタイプやボタン付きのフロントオープンなどもあります。

 自分にあったブラを選ぼう、おすすめの選び方とは

授乳ブラの選び方に、特に決まった方法はありません。

付け心地のよさやレースなどの素材、サイズ感、授乳のしやすさ、補正機能など、自分が重視したい機能をそなえたブラを選びましょう。

60周年感謝祭

無料会員登録

  • 妊娠したら、すぐ買うセット
  • 出産準備セット