マタニティタイツで、おしゃれを楽しもう!つわり・冷え性対策におすすめの人気アイテムを紹介。

  • facebook
  • twitter

マタニティーインナー(下着)

Fotolia_107782246_Subscription_Monthly_M.jpg

今では、マタニティウェアのバリエーションが増えています。

その中で「防寒・むくみ対策」などという理由から注目されているのがマタニティタイツです。

マタニティタイツは一般的なタイツとどう違うのでしょうか?また必要なものなのか、改めて考えてみましょう。

マタニティタイツは普通のタイツとどう違う?

マタニティタイツは、一般的なタイツと素材自体は同じです。ただし、マタニティ用ならではの機能を備えています。

一つは、お腹をすっぽり包み込むために「お腹のマチ」を広く作っていることです。

伸縮性を高め、日々大きく成長するお腹をすっぽり包み込めるデザインを施しています。もちろん、臨月の大きなお腹にも対応できるようにしています。

むくみに悩む妊婦さんにもおすすめ

マタニティ期間中はどうしても体がむくみやすくなります。

むくみ予防や軽減のために段階着圧機能のあるマタニティタイツもあります。

また、裏起毛タイツや発熱タイプ、紫外線カットタイプなど機能性を高めたタイツのラインナップがあるので、冷えを感じる時などにもぜひ使ってみてくださいね。

 使い始めのタイミングは?

マタニティタイツを使い始めるタイミングは、お腹が目立ち始める妊娠中期ごろから。伸縮性に優れていますので、臨月まで長く使えます。

                                              

妊婦帯と一緒に使う時のポイントとは?

マタニティタイツは、妊婦帯とセットで使うことが望ましいです。

タイツの上から着用できるベルトタイプやソフトにお腹を支える腹巻タイプなどの組み合わせで着用するとよいでしょう。

さらしの妊婦帯の場合、一番初めに帯を巻き、ショーツ、タイツの順番に装着すればトイレへ行く時も便利です。

 

マタニティタイツを使う理由は?必要かどうか考えよう

Fotolia_212092538_Subscription_Monthly_M.jpg

マタニティタイツの価格帯は1枚千円前後。

洗い替えも準備するとよいでしょう。ただ、マタニティタイツの必要性を問う人もいることでしょう。

タイツは秋から冬にかけて冷えをしのぐもので、ファッションの一部でもあります。

もちろん、マタニティウェアにはパンツやレギンスなどもあるので、必要性を感じない人もいるかもしれません。

必ずしも必要ではありませんが、妊娠時期のタイミングや自分自身のライフスタイルなども踏まえ準備していくことをおすすめします。

マタニティタイツはショッピングセンターや百貨店のマタニティコーナーのほか、通信販売などでも気軽に購入できるので、突然使うことになった場合も安心です。

 タイツの選び方について

マタニティタイツは、妊娠前のサイズで選んでさしつかえありません。

1枚で臨月まで使えるので、妊娠中期からぜひ使ってください。

起毛素材や厚手のもの、パンスト感覚で履けるタイツもありますので必要に応じて選びましょう。

カラーもベージュ系からブラックなどバリエーションが豊富ですので、コーディネイトもばっちりです。

まとめ

マタニティタイツは伸縮性に富んでおり、お腹をすっぽり包めるデザインとなっています。

妊娠時期や普段の服装によって不要と判断することもあるかもしれませんが、体を温めてくれるアイテムですので、必要に応じて準備してくださいね。

60周年感謝祭

無料会員登録

  • 妊娠したら、すぐ買うセット
  • 出産準備セット