産褥ショーツとは、何のために使うの?入院前に何枚用意すべきか、選び方についてまとめてみた

  • facebook
  • twitter

マタニティーインナー(下着)

pixta_38835450_M.jpg

お産で入院するときの持ち物の一覧に、「産褥ショーツ」と書いてあることを見かけた方もいることでしょう。

このショーツは、普段使いのショーツと比べてどのような点が違うのでしょうか。

また、実際に産褥ショーツを用意するとなると、どのくらいの枚数が必要なのでしょうか。

今回は、産褥ショーツに関すること、選び方などをご紹介します!

産褥ショーツとは?なんて読む?

読み方が難しいですが、実際の読み方は、「さんじょく」ショーツと読みます。

 出産後、「悪露(おろ)」と呼ばれる子宮内に残った血液や分泌物の排出があるため、

「産褥パッド」という生理用ナプキンに悪露を吸収させます。

そのときにパッドと一緒に使うのが、産褥ショーツです。

産褥パッドをショーツに貼り付けて、着用します。

悪露が多い時期のケアが清潔にできるよう作られています。

 

産褥ショーツは、股(クロッチ)の部分、またはウエストから開くようになっているので、

出産後に痛くて動きづらい状態でも産褥パッドを簡単に交換できるようになっている仕組みとなっています。

 

使ったときのメリット・デメリットを考えてみよう

pixta_44053159_M.jpg

産褥ショーツは、ショーツを脱がなくても産褥パッドを交換できるのが主なメリットと言えるでしょう。

産後すぐは産褥パッドの交換回数が多いので、産褥ショーツがあると大変便利です。

医師の診察時に悪露の様子を見るときや、看護師さんに産褥パッドを交換してもらう際にも、

産褥ショーツを履いていれば、簡単にパッドの交換を済ませることができます。

加えて、産褥ショーツは防水布の面積が広いので、長時間寝ていても布団を汚さないのもメリットとして挙げられます。

しかしながら、産褥ショーツは基本的に悪露の多い時期2~3日しか使わないものです。

強いてデメリットとして挙げるなら、産後のケア以外の用途で使い道がないことかもしれません。

 

期間限定の産褥ショーツ、必要な枚数って何枚?

期間限定の産褥ショーツではありますが、一枚だけ用意だと交換できないので、

不便に感じることもあります。やはり洗い替えのことを考えると、産褥ショーツを5~6枚程度用意しておくと安心です。

 

病院によっては、お産用のグッズとして用意してくれていることもあるので、

自分で買う枚数が少なくて済むこともあります。

病院側での用意があるか、出産前に尋ねてみると良いでしょう。

 

出産時体重の増量と出産スタイルで違いあり?産褥ショーツの選び方

産褥ショーツは、主にクロッチ部分から開くものと、ウエスト部分から開くものがあります。

自然分娩では、前者のクロッチ部分から開くものを使いますが、

帝王切開で出産する予定がある場合は後者のウエストから開くタイプの産褥ショーツを用意しておくと安心です。

ウエストから開くタイプの産褥ショーツは、お腹の傷が痛いときに寝たままの状態で産褥パッドを交換できます。

 

また、サイズに関しては、普段履いているショーツのサイズの基準で選んでも問題ありません。

妊娠中にかなり体重が増えてしまった!という人は、ワンサイズ大きめの産褥ショーツを選ぶと良いでしょう。

 

まとめ

産褥ショーツは、産後の悪露のケアをするショーツです。

自然分娩を予定されている方はクロッチから開くタイプを、

帝王切開の予定がある方はウエストから開くタイプを選ぶと安心です。

デザインや素材はさまざまありますので、お好みのものをチョイスしてくださいね!

60周年感謝祭

無料会員登録

  • 妊娠したら、すぐ買うセット
  • 出産準備セット