マタニティ・妊婦用トップページ > 妊娠期間別メニュー > 5-7ヶ月

妊娠中期(5〜7ヶ月)

つわりのピークを過ぎ、安定期に入ります。
体重が増え、徐々にお腹のふくらみが目立ってきます。
それと共に赤ちゃんの胎動を感じ始める時期です。

足のむくみや静脈瘤、妊娠線が現れる人も。

身体の変化
・お腹が目立ってくる
・バストが妊娠前より一回り大きくなってくる
身体の変化
・腰痛になりやすくなる
・胎動を感じ始める
身体の変化
・静脈瘤や妊娠線が現れる人も
・前かがみの姿勢が取りづらくなる
・足がむくみやすくなる
心がけること
・腹帯・ガードルを着用し、腰やお腹への負担を減らしましょう。
・マタニティブラを着用しましょう。
・適度な運動を心がけましょう。
心がけること
・腹帯・ガードルを着用し、腰やお腹への負担を減らしましょう。
・乳頭・乳輪のケアを始めましょう。
心がけること
・長時間の立ち仕事は避けましょう。
・妊娠線予防マッサージをしましょう。

この時期に揃えておくもの

  • 必要度
    ★★★
    どうして必要なの?
    今までのブラがきついと感じたら変え時です。マタニティブラジャーは、乳腺の発達を妨げず、変化するバストにしっかり対応するようデザインされています。授乳機能もついていて、妊娠中期から産後まで使えます。
  • 必要度
    ★★★
    どうして必要なの?
    5ヶ月目の戌の日に腹帯を巻いて安産の祈願をするという風習がありますが、お腹の保温という意味でも着用するのがおすすめ。お腹の位置を安定させる効果もあります。
  • 必要度
    ★★★
    どうして必要なの?
    お腹を支えるサポート力に優れたマタニティサポート。ずれにくく、外出時などアクティブタイムには妊婦帯よりこちらがおすすめ。お腹の保温にも効果があります。
  • 必要度
    ★★★
    どうして必要なの?
    大きくなったお腹を支える妊婦帯として、体型を選ばずサポートしてくれます。また産後に身体に巻くことで骨盤サポートにもなりますよ。
  • 必要度
    ★★
    どうして必要なの?
    お腹部分にマチがあり締めつけず、お腹が大きくなっても無理なくはけるマタニティ用のストッキング・タイツ。夏の冷房から、冬場の冷え込みまで。タイツは冷えの防止に必需品です。
  • 必要度
    ★★
    どうして必要なの?
    お腹の赤ちゃんは、妊娠5ヶ月頃から外の物音を聞くことができるといわれています。 赤ちゃんの一番好きな音はパパやママのあたたかい言葉。『はじめてトーク』で、お腹の赤ちゃんにやさしく語りかけてあげましょう。
  • 必要度
    ★★
    どうして必要なの?
    妊娠中にゆがみがちになってしまう骨格を足元からサポート。『ソリ』や『ガニマタ』といった妊婦特有のつらい姿勢を支え、腰痛緩和にも効果的です。ウォーキングのときはぜひお産歩ちゃんと一緒に!

先輩ママからのアドバイス

  • 必要なグッズは早めにそろえるのが◎!

    お腹が大きくなってくると、思っているよりもずっと動くのが大変になります。
    安心して出産にのぞむためにも、5カ月頃から入院や産後の準備をしておくのがオススメですよ。

    S・Kさん(45才)

  • 寝る前のボディケアタイムでリラックス

    あわただしい妊娠期間も、ボディケアをして自分をいたわってあげると、
    それだけで優しい気持ちになれますよ。妊娠線の予防のためにも、ボディミルクでの保湿は欠かせません!

    C・Kさん(37才)



55 件中 1-55 件表示 















55 件中 1-55 件表示